日本の小学校との交流

平沼小学校から贈られた手作りのガイドブックや文房具、
サッカーボール
(画像をクリックすると拡大)

  バオバブの会が任意団体になる以前、ディウフ会長は、講演やイベントを通して、自身が住んでいる横浜市にある小学校と交流を持ちました。
平沼小学校、瀬谷第二小学校、笹山小学校の3つの小学校です。

笹山小学校の生徒たちが
募金と一緒に贈ってくれたメッセージ
(画像をクリックすると拡大)

うれしいことに、その後、それらの小学校から、「セネガルの子どもたちに」と、文房具やサッカーボールなどの寄贈をいただきました。
中には、子どもたちが作ってくれた、自分たちの住む地域や学校を紹介する絵や写真入りのガイドブックもありました。

このガイドブックのお礼として、サルム・ジャネ小学校からも、子どもたち自作の絵や写真入りのガイドブックが笹山小学校へ送られました。
  笹山小学校は、その後、生徒たちが空き缶を回収して得られたお金をバオバブの会に寄付する活動をしてくれました。


♣サルム・ジャネ小学校の子どもたち手製のガイドブック♣
日の丸を掲げる子どもたち
(画像をクリックすると拡大)
馬に乗る子ども 荷車を引く牛
(画像をクリックすると拡大)

家の絵
(画像をクリックすると拡大)
マンゴーの木
(画像をクリックすると拡大)
日の丸と家 
(画像をクリックすると拡大)
セネガルの家庭料理、クスクスとチェブジェン 
(画像をクリックすると拡大)


 前へ    :


    会員募集中!!

※会員は随時募集しております



 お問合せはこちら

※当会は少人数のボランティア・スタッフで運営しておりますので 返信までに数日いただく場合があります。
ご了承ください。




Copyright©The Baobab Association All Rights Reserved.