私たちが支援している4つの学校

セネガル全図。青い枠内を右図に拡大。
(地図をクリックすると拡大)
カオラック(Kaolack)周辺。
左の地図内の青い枠内を拡大したもの。
(地図をクリックすると拡大)

  バオバブの会は、現在、3つの小学校 (サルム・ジャネ小学校/サーバシ・チャム小学校/ンジャゴ小学校)と、 1つの中学校(サルム・ジャネ中学校)を定期的に支援しています。

サルム・ジャネ(Saloum Diané)小学校

サルム・ジャネ小学校の子どもたち。
(画像をクリックすると拡大)

  マサンバの父親の死後、母親は再婚しましたが、 その再婚相手(マサンバの義父)の村にある小学校です。マサンバが暮らしていた 4〜6歳の頃は、まだ小学校はありませんでした。


サルム・ジャネ(Saloum Diané)中学校

  2006年に、サルム・ジャネ小学校がある地域にできた中学校です。必要なものが不足しているので、支援して欲しいという要請があり、2008年度から援助を始めました。


サーバシ・チャム(Sabassy Thiam)小学校

  マサンバの母親が生まれた村にある小学校です。現在も母(父と同じくディウフ姓)の一族が住んでいます。
教育熱心な村で、保護者からの要望もあり、2011年に図書館を開設しました。


サーバシ・チャム小学校
(画像をクリックすると拡大)
サーバシ・チャム小学校の子どもたち
撮影:永守さん
(画像をクリックすると拡大)

ンジャゴ(NDiago)小学校

  マサンバと親族同様に親しく、バオバブの会の現地代理人をしてくれているジム・チャムさんの生まれた村にある小学校です。当会からジム・チャムさんには報酬を渡してはいないので(ガソリン代などの必要経費は送金しています) お礼として支援を始めました。ンジャゴ小学校がほかの学校の地域から離れているのは、そのためです。

ンジャゴ小学校
(画像をクリックすると拡大)
ンジャゴ小学校の子どもたちが、バオバブの会へのお礼の言葉を黒板に書いてくれました。
(画像をクリックすると拡大)


 前へ    :  次へ   

HOME

ご紹介と会長挨拶

バオバブの会会則

▼活動内容

▼活動報告(2008年以降 国内)
  および
過去のニューズレター

▼海外支援報告

▼セネガル訪問 写真報告

▼他にもこんな事してます

会員募集・ご寄付案内

リンク


    会員募集中!!

※会員は随時募集しております



 お問合せはこちら

※当会は少人数のボランティア・スタッフで運営しておりますので 返信までに数日いただく場合があります。
ご了承ください。




Copyright©The Baobab Association All Rights Reserved.